Services of patent search

1.新設された、これまでになかった日本特許・実用新案調査サービス

確認調査(レビュー調査)
過去に一度以上調査を実施したが、まだ、他に関連資料があるのではないかと疑念を抱かれる場合に、セカンドオピニオンとしてご利用ください

  この調査依頼時の注意事項:
                    (1)過去に一度以上、任意に調査を実施した案件であること。(特許庁による審査は含まない。)
                    (2)過去に実施した調査で得られた資料(特許番号等々)を全て開示できること。
                    (3)当該調査の性格上、互いに信頼をもって、隠し資料なく、誠実に対応できること。(重要性:極大)
                    以上のことを厳守いただけること。

2.これまでの特許等サービス

クリアランス調査:自社技術や自社製品が抵触する危険性を含んでいる他社特許の有無を広く調査するものであり、侵害回避調査と特許性調査の二面性を有して調査します。

特許性(新規性)調査:請求項に従って、当該公報の出願日前に開示された技術の有無を調査します。

権利侵害回避調査:自社技術が他社の権利を有する特許を侵害していないかどうかを調査します調査対象範囲:登録された特許資料および権利化の可能性のある特許資料

他社特許のつぶし調査:自社技術の障害となる他社特許(権利の有無は問わない)を無効化する或いは請求項の減縮化する資料を調査します。

審査請求前調査:出願後、特許公報或いは明細書を基に特許性を調査します。得られた関連資料は、あくまで審査請求を行うかの参考資料の位置づけであり、特許庁の審査結果を補償するものではありません。

出願前調査:技術的仕様書等を基に、特許性を調査します。得られた関連資料は、特許等を出願するかどうかの参考資料の位置づけで有り、特許庁の審査結果を補償するものではありません。

意匠調査:調査意匠が属すると思われる意匠分類について調査します。

至急調査:割り増し料金により通常納期より短い日程で納品いたします。ご相談ください。